会員の皆さまの会費が西川龍馬選手のトレーニングを援助しています。

8月2日(木) 対ヤクルト戦
6回表、代打の曾澤選手がデッドボールで出塁した後、岡田投手の打順で西川龍馬選手が代打で登場。見事にフォアボールを選びました。

西川龍馬選手は、ビジョントレーニングというものをしています。
専門の先生に診てもらいトレーニングしたり、日々のトレーニング方法を指導してもらったりしています。
昨年220打席立って四球は10個。今季はまだ150打席で四球を11個選んでいます。
これはトレーニングの効果と思われます。
ビジョントレーニングには費用も掛かるので、後援会の皆さまの会費からお力添えをいただくことになります。
高価なトレーニングなので、後援会から全額援助はできませんが、皆さまの会費から援助していただき、ありがたいと西川龍馬選手は言っています。

2018年8月2日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : Carp_ryoma63